[受付時間]平日 9:00~18:00

TEL.0120-61-4902

ブログ

2023.09.05

確定測量が必要なわけ

こんにちは!

ハッピー解体ブログ担当です。

以前のブログでも紹介いたしましたが

なぜ確定測量がたいせつなのか必要なのか?

について解説していきましょう。

確定測量が必要な3つの理由

確定測量が必要な理由を説明していきます。

理由1

境界点に境界標が設置してあり、隣地の所有者との境界点についての認識も

一致していればよいのですが、境界標が亡失している場合もあります。

また、境目として塀が設置してあるが、境界点が塀の中心なのか、

端なのか、一見してわからない事があります。

更には何らかの理由で、本来の境界点とは違う位置に

境界標が設置してある事もあります。

境界がはっきりしていないと、隣地の所有者とのトラブルになりかねません。

土地を買う側からすれば、境界トラブルの無い土地を購入したいものです。

確定測量をしていない土地は、境界トラブルがあると思われがちです。

理由2

土地の登記簿に表示された面積を「公簿面積」といいますが、

公簿面積はその土地の実際の面積と違う場合がよくあります。

一方、現地の測量で算出した面積を「実測面積」といいます。

公簿面積のまま1㎡あたりいくらで取引してしまうと、

売り手は思わぬ損をしてしまったり、買い手は必要な面積に足りなかったり

といったトラブルが起こりかねません。

理由3

土地の現在の所有者と、隣地の所有者との間で、

今は境界の位置の認識が一致していても、お互いに世代交代すると、

境界の認識にズレが生じ、境界トラブルに発展することがあります。

将来トラブルにならないためにも、今のうちに確定測量をしておけば安心です。

以上のようなことをふまえて実家の売却や解体、確定測量を

ご検討されてみてはいかがでしょうか?

ハッピー解体(プラスアイデア株式会)は解体から測量登記

もちろん確定測量までお問合せいただければ

ご対応いたしますので

お気軽にお問い合わせください!!

ここまで読んで頂きありがとうございました。