[受付時間]平日 9:00~18:00

TEL.0120-61-4902

ブログ

2023.09.22

処分費を削減できるかも

こんにちは!

ハッピー解体ブログ担当です。

解体や残置物処分などをご依頼されるお客様の中には

自分自身でやれることはやるのでその分

少しでもお支払い頂く金額を抑えたというご要望がございます。

もちろん工事金額が安い方がいいに決まっています。

そこで、これから何回かに分けて

少量かもしれませんが自分で処分できる方法を見つけてみたので

今回は「瓦」について書いてみました

少量の瓦は家庭ゴミとして捨てられる

少量の瓦であれば家庭ゴミとして捨てられるため、業者に頼らずに処理することが可能です。
ただし、少量であっても、お住まい地域の自治体によって捨て方が異なるため

市区町村のホームページや、電話などで確認しておくことをおすすめします。

少量であればご家庭で処分できる瓦ですが、実際にどのような処分方法があるのでしょうか

自治体で回収してもらう

お住まいの地域で自治体に回収してもらう方法があります。
自治体ごとに回収の可否や条件に差があるため、自治体で回収を考えている方は、

自治体のホームページで情報をチェックしておきましょう。

名古屋市の場合|回収できる数に上限がある

名古屋市では、瓦の回収を自治体で行っています。
名古屋市のホームページを調べると、

瓦は粗大ゴミとして扱われていることがわかります。
しかし、無条件で回収してもらえる訳ではありません。

ホームページによると、「1回の収集につき5枚まで」と明記されています。
大量にある場合は少しずつ捨てることがおすすめです。
捨てる際には粗大ごみのシールを購入して、指定の収集場所に持って行きます。

岐阜市の場合|戸別収集を実施している

岐阜市の場合は、事前予約後に戸別収集を行っています。
戸別収集であれば、収集場所に持って行く必要はありません。

しかし、一方で現地で物量を計測して手数料を払う手間も発生します。

回収日に料金を払う必要がある都合上、

当日は必ず在宅していないとならないことが、デメリットです。
岐阜市では、1回の収集につき200kg分まで回収してもらうことができます。

桑名市の場合|回収不可物に指定されている

桑名市の場合は、瓦は収集不可物に区分されます。

そのため、そもそも回収してもらうことができません。
通常なら産業廃棄物として扱われる瓦は、

地域によっては自治体での回収を行っていない場合もあります。
その場合は、地域自治体では処分してもらえないため、

専門業者や販売店に相談して回収をしてもらう方法が妥当です。

このように身近な処分方法として自治体で処分してもらうという

ゴミ出し感覚の処分方法もございますので

併せて活用してみてはいかがでしょうか?

他にも沢山、処分のやり方はございますので

順次ご紹介していこうと思います。

ハッピー解体(プラスアイデア株式会)では

解体工事から測量、登記まで幅広くご対応させていただきます。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

ここまで読んで頂きありがとうございました。